前へ
次へ

取得費用がわからない不動産売却を行うとき

会社の経理部などでは過去の取引履歴などをきちんと記録しています。しかし各家計においては家計簿などはつけていても細かい情報は残していないかもしれません。契約書などが発生するときはそれらの書類を残しているときもありますが、あまり古いと取引履歴がわからないときもあります。不動産売却をしたときには譲渡所得を計算して必要な時は税務申告と納税を行います。不動産売却時の売却額が譲渡価額になりますが、それから差し引く取得費は取得したときの契約書などがないとわかりません。不動産売却時に取得費がわからないときどうやって譲渡所得を計算するかです。不動産売却で取得費用がわからないときは譲渡価額の5パーセントを取得費として計算していきます。又、実際の取得費が不動産売却時の譲渡価額の5パーセントより少ないときも5パーセントを取得費にできます。そのため古い物件を不動産売却したときにはかなりの譲渡益が出るため、支払う税金も多くなるかもしれません。

Page Top