前へ
次へ

相続した不動産を現金化するため不動産売却

相続をするときに一人ですべて相続するときは分ける問題は発生しません。しかし相続人が複数人いるときはどうしても分ける問題が発生します。遺言書などで分け方などが記されていればそれに従うなどもありますが、不公平な分け方だと納得できない相続人も出てきます。特に相続財産に不動産が含まれるときは厄介です。もし相続財産に不動産が含まれているなら不動産売却を検討しましょう。もちろん不動産自体を分けて相続することもできますが、将来的な使途がはっきりしないならこれを機会に不動産売却した方が良いでしょう。不動産売却をすれば現金が入り分ける作業もしやすくなります。ただ相続時に不動産売却をするときにはどのタイミングで行うかが問題になります。相続手続きの最中に不動産売却を行うのか、一旦名義変更してから不動産売却を行うかです。相続人が最も助かるのは生前に売却して現金化してもらう方法でしょうが、こちらは事前にしっかり話し合う必要があります。

Page Top