前へ
次へ

不動産売却における専属専任媒介契約とは

不動産売却をする場合には、様々な要望が出てきます。本気で不動産売却をしたい場合は、不動産会社と契約するのが基本になるでしょう。不動産売却における契約方法は3種類あり、そのうち専属専任媒介契約と呼ばれるものが存在します。不動産売却における専属専任媒介契約とは、まず1つの不動産会社と不動産売却の契約をするのみになります。逆に一般契約等は、複数の会社と不動産売却の契約を結んでも問題ありません。1つに不動産売却の契約を絞り込むことにより、比較的早く売れる可能性が高いでしょう。なぜなら、不動産会社のほうも不動産売却をかなり必死にやらなければいけない、追い込まれている状況だからです。その不動産会社としか契約していない以上、しばらく放置しておいても良いと言うわけではありません。そのような意味においても、早めに売却したい場合はメリットがあります。しかし、逆に比較的高く売れそうな土地の場合は早めに売却するメリットはなく、高値で売れる可能性もあるためこの契約方法を避けた方が良いです。

Page Top