前へ
次へ

不動産売却の際にリフォームは必須か

不動産売却を行う場合、リフォームをしてから不動産売却の手続きに入るか、それともそのままの状態で不動産売却に入るのかを決めなければいけません。リフォームをすることによって内見時の印象は良くなりますが、費用がかかります。内見時の好印象は購入意欲を高める効果がありますので不動産売却を成立させることに繋がることも期待できます。更に好印象が価格を押し上げてくれることもあり、リフォームにかかった費用以上の上乗せに繋がることもあります。しかし、購入を検討する人の中にはリフォームを自分で行いたいという人もいます。その人にとっては全く余計なことをしてしまっていることになり不動産売却の成功という点では逆効果になります。そのまま入居する人にはリフォームは魅力的ですが、自分の好みに合わせた住宅にしていきたい人にとっては少しでも安く購入できることの方が魅力です。購入を検討してくれるのはどちらのタイプの人が多いかを考慮して決定することが不動産売却成立に繋がります。

Page Top