前へ
次へ

不動産売却と任意売却の関係とは何か

不動産売却をする場合には様々な理由がありますが、その不動産売却の理由が任意売却のことも少なくありません。任意売却とは、例えば不動産を所有して住宅ローンを組んでいる場合その住宅ローンの返済ができなくなった場合に行われるものです。本来であれば不動産売却を行われず、競売にかけられるのが基本になります。しかし競売にかけられた場合、落札金額は不動産売却をした場合に比べると少なくなるため不動産売却をしようと言うわけです。その時の不動産売却のことを任意売却と言ったりします。この任意売却ですが、競売の手続きに入る前に必ず行わなければいけません。もし競売の手続きに入ってしまった場合はどれだけ頑張っても任意売却をすることができないでしょう。任意売却をする場合には、不動産売却を専門的に扱っている業者に依頼することになります。不動産売却を専門的に扱っているところならば、様々なルートを所有しているため買い手がつかないと言う事はまず考えにくいです。

Page Top