前へ
次へ

農地の不動産売却を行うとき誰に売るか

日本もかつては農業が盛んでしたが、今は農産物の自給自足率がかなり減るくらいになっています。ただITなどを使った新しい農業も注目されていて、若い人の中には都会から田舎に移住して農業をする人も増えているようです。相続などで農地を取得して不動産売却を検討するなら誰に売るかをしっかり考えないといけません。都市部において農地の不動産売却をしようとすると、どうしてもそのまま農地として使われない可能性があります。国としても日本の農業はある程度残しておきたい事情があり、不動産売却においてもそれが達成できる仕組みを用意してくれています。農地の不動産売却をするとき誰に売るかで状況が変わります。農地の不動産売却においては農地保有の合理化のために行うときに一定の控除が受けられるとされています。ただこれだけでは具体的に誰に不動産売却したらよいのかわかりません。農業経営基盤強化促進法に基づいた譲渡の時、農地保有合理化法人などに譲渡した時に一定の控除が受けられるようになっています。

Page Top